西内まりやバドミントン成績凄い!二重鼻美容整形外科どこ?

タレントや女優、ファッションモデル、そして歌手としても華々しい活躍をしてきた西内まりやさん。現在はかつての所属事務所『ライジングプロダクション』を離れ、フリーとしての活動に専念しているようです。

西内まりやさんのバドミントン競技成績を調査し、目を二重にしたり鼻の形を変えたとされる美容整形外科についても調査する。
西内まりやさん
出典:https://townwork.net/magazine/life/30879/

フリーで芸能活動を継続するというのはかなり厳しい茨の道だと思いますが、西内まりやさんには苦境を乗り越え、かつてのような素晴らしいパフォーマンスを再びメディアにて披露していただきたいものです。

そんな西内まりやさん、実は過去にバドミントンの有名選手として鳴らした経歴があり、素晴らしい競技成績を残していたことを、皆さんはご存じでしょうか?輝かしい芸能活動のイメージとはまた異なる、一流スポーツウーマンの一面をも持っているというのは、何だか興味をそそられますね。

また、西内まりやさんの目が二重になったり、鼻の形も変わったと噂されており、これを行った美容整形外科がどこかも話題となっています。”プチ整形”もかなり浸透してきたので、西内まりやさんも二重手術や鼻の整形程度は行っているのではないでしょうか?もしそうなら、その美容整形外科を知ることで、あなたも西内まりやさんのようになれるかもしれません。

今回は、西内まりやさんのバドミントンの競技成績について調査するとともに、目を二重にしたり、鼻の形を変えたとされる美容整形外科についても、一体どこなのか調べていきたいと思います。

 ・西内まりや (にしうちまりや)
 ・身長 170cm
 ・生年月日 1993年12月24日
 ・血液型 A型
 ・出身 福岡県
 ・職業 タレント、女優、ファッションモデル、歌手
 ・活動期間 2006年~

【関連記事】
深田恭子カミングアウト!鼻はどこの美容整形外科で整顔?
石原さとみの年齢と体重は嘘?ドラマとCMを比較検証する!

スポンサーリンク

1.西内まりやさんのバドミントンの成績

西内まりやさんは姉の西内ひろさんの影響で、小学3年生の時に地元福岡市の『ラブオールジュニア』でバドミントンを始めました。西内ひろさんもファッションモデルやタレント、女優として活動していますので、正に芸能活動とスポーツを両立しているといえます。ちなみに、ラグビートップリーグで活躍する、西内勇人選手と西内勇二選手は従兄弟です。

【福岡市バドミントン協会 サークル紹介】

西内まりやさんのバドミントン競技成績を調査し、目を二重にしたり鼻の形を変えたとされる美容整形外科についても調査する。
バドミントンに打ち込んでいた頃の西内まりやさん
出典:https://etutorend.com/wp-content/uploads/2015/02/d181800b.jpg

姉の影響でバドミントンを始めた西内まりやさんですが、その後芸能活動を開始する中学2年生まで6年間、練習を続けたそうです。クラブには週5日、学校が終わってから通い続け、「日本一の練習をすれば日本一になれる。」という監督の言葉を信じて猛練習に明け暮れたそうです。そして、福岡市の大会では4回も優勝したということです。凄いですね。

私も中学生の頃、地元の複数市が対象の柔道大会に出場していましたが、部活で毎日真面目に練習していても、優勝なんて1回もしたことがありませんでした。最高成績は確か3位だったと思いますが、ど田舎で出場者が5~6人しかいない上に対戦相手が棄権して、実力もないのに不戦勝で3位になるという情けなさでした。

こんな私の経験からしたら、大都会の福岡市の大会で並み居る敵を蹴散らし4回も優勝した西内まりやさんのバドミントンの実力は、明らかに本物だったといえますし、正直羨ましくもあります。

きっとバドミントンの強豪高校からの勧誘の声も複数あったのでしょうが、芸能活動のため中学2年生までで辞めてしまったことが悔やまれます。もしその後もプレーヤーとしてバドミントンを継続していたなら、オリンピックや世界選手権に出場するような超有名選手になっていたかもしれません。

2.西内まりやさんの通った美容整形外科はどこ?

西内まりやさんの二重手術や鼻の整形を実際に行ったとされる美容整形外科ですが、正確な院名は分かりませんでした。しかし、通った可能性のある美容整形外科は複数見つかりましたので、それらを紹介したいと思います。

2-1.高須クリニック

西内まりやさんのバドミントン競技成績を調査し、目を二重にしたり鼻の形を変えたとされる美容整形外科についても調査する。
高須クリニック院長 高須克弥さん
出典:https://www.takasu.co.jp/about_takasu/concept.html

「Yes!高須クリニック」の派手なCMでお馴染みの美容整形外科です。院長の高須克弥さんは「患者に施術する前にまず自身の体を使って手術や薬の効果を確かめる。」というのがポリシーであり、高須クリニックの持つ高度な美容整形外科のノウハウや効果を、自らの体を使って世間に発信しています。

また、高須克弥さんは格闘技イベントK-1のリングドクターも務め、国際美容外科学会や日本美容外科学会の会長も歴任する等、美容整形外科の世界では押しも押されもせぬ重鎮として、その名を轟かせています。

そのためか、郷ひろみさんや千原ジュニアさん、故・野村沙知代さんら超大物芸能人の手術を次々手掛け、元横綱朝青龍やチベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ14世とも親交があることから、大変広い人脈を持っています。芸能界とのつながりも強いため、西内まりやさんがここで美容整形手術を受けていたとしてもおかしくはないと思います。

高須クリニック 公式サイト

2-2.共立美容外科

西内まりやさんのバドミントン競技成績を調査し、目を二重にしたり鼻の形を変えたとされる美容整形外科についても調査する。
共立美容外科イメージキャラクター はるな愛さん
出典:https://futae-beauty.com/fukuoka/

はるな愛さんのCMでお馴染みの共立美容外科です。トップである院長の久次米秋人さんは、第107回日本美容外科学会の学会長でもあることから、美容整形外科の技術は折り紙付きでしょう。

また、公式サイトにて芸能に関わる方への施術のクオリティ説明や、守秘義務に基づく徹底したプライバシーの厳守を誓っており、有名人でも安心して来院することができるよう、基本的な配慮に関する情報発信がしっかりなされているのが特徴です。

美容整形外科は昨今かなり浸透してきたとはいえ、芸能人、特に誰でも知っているような超大物芸能人ともなると、いつマスコミや週刊誌にすっぱ抜かれるか分かりません。そのため、「誰かに見られているのではないか?」といったような心配の種は常に付きまとうと思います。

だからこそ美容整形外科の実力以上に、こうした基本的な部分がしっかりしているというのは、超大物芸能人にとって非常にありがたい点であると思います。こうした理由から、ここ共立美容外科で西内まりやさんが美容整形手術を受けた可能性は、極めて高いと思われます。

共立美容外科 公式サイト

3.今回の結論

今回は、西内まりやさんのバドミントンの競技成績について調査するとともに、目を二重にしたり、鼻の形を変えたとされる美容整形外科についても、一体どこなのか調べてきました。今回の結論を、以下にまとめておきます。

今回の結論:
・西内まりやさんのバドミントンの競技成績:
 小学校3年生~中学校2年生で、福岡市内で優勝4回
 → 強豪高校からの勧誘の声もあったと思われる
 → バドミントンを継続していたら、超一流選手になっていた?
・西内まりやさんが通った美容整形外科はどこ?
 正しい場所は不明
 → 高須クリニックや共立美容外科が有力候補

現在フリーである西内まりやさんには、今後も厳しい試練が待ち受けていると思います。しかし、これまでの経歴が全て無駄になっているのではなく、今後はこれらを生かして自分のオリジナリティを出せば、必ず光は見えるはずです。長いトンネルを抜けた先には必ず希望が待っていると信じて、西内まりやさんには現状を強く生き抜いてほしいと願っています。