黒島結菜アナザースカイで中条あやみ共演!カメラ父手紙内容!

南国・沖縄出身の黒島結菜さん。アジアンビューティーを感じさせるその容姿もさることながら、数々のテレビドラマやCMにも起用され、女優としての実力も高く評価されています。有名どころでは、NHKの大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』や、同じくNHKの連続テレビ小説『スカーレット』、サントリー黒烏龍茶のCM等に出演していましたので、記憶に新しい方も多いのではないでしょうか?

黒島結菜さんがアナザースカイで中条あやみさんと共演した様子を解説し、黒島結菜さんのカメラと父からの手紙内容も調査する。
黒島結菜さん
沖縄出身のアジアンビューティーを感じさせる容姿
出典:https://happy-journey123.com/kuroshimayuina-kirei-kawaii-picture

そんな黒島結菜さんですが、同じく女優でファッションモデルでもある中条あやみさんと非常に仲が良いとされています。実は中条あやみさんが日本テレビのバラエティ紀行番組『アナザースカイ(現・アナザースカイⅡ)』の5代目MCとして活躍していた頃、黒島結菜さんがゲストとして登場し共演したことがあったそうです。その時の様子はどんな感じだったのでしょうか?

また、この『アナザースカイ』に出演した際、芸術分野に長けている黒島結菜さんはとあるカメラを持参していたようですが、そのカメラについても話題を呼んでいます。番組終盤では、黒島結菜さんの父からの手紙も紹介されていたそうです。一体どのようなカメラを持参し、どういった内容の手紙だったのでしょうか?

今回は、黒島結菜さんが『アナザースカイ』で中条あやみさんと共演した際の様子について解説するとともに、同番組内で登場した黒島結菜さんのカメラと父からの手紙の内容についても調査していこうと思います。

 ・黒島結菜 (くろしまゆいな)
 ・身長 162cm
 ・生年月日 1997年3月15日
 ・血液型 A型
 ・出身 沖縄県
 ・職業 女優
 ・活動期間 2012年~
 ・公式サイト 公式プロフィール

 ・中条あやみ (なかじょうあやみ)
 ・身長 169cm
 ・生年月日 1997年2月4日
 ・血液型 O型
 ・出身 大阪府
 ・職業 女優・ファッションモデル
 ・活動期間 2011年~
 ・公式サイト 公式プロフィール

【関連記事】
中条あやみトヨタCMロケ地で菅田将暉と熱愛?ケイトCM風カラコンも紹介!
中条あやみハーゲンダッツいちご味CM衣装が凄い!赤ワンピースとピアスを紹介!

スポンサーリンク

1.『アナザースカイ』出演時の黒島結菜さん

黒島結菜さんがアナザースカイで中条あやみさんと共演した様子を解説し、黒島結菜さんのカメラと父からの手紙内容も調査する。
『アナザースカイ』に出演した黒島結菜さん(左)とMCの中条あやみさん(右)
同い年で非常に仲が良いことで知られる2人
出典:https://twitter.com/Quadlancer/status/972235157108277248/photo/2

黒島結菜さんと中条あやみさんは同い年であり、プライベートでは黒島結菜さんの実家に中条あやみさんが泊まりに来るほどだそうです。中条あやみさんとともに同番組のMCを務める今田耕司さんにお互いの活躍について聞かれた際も、いい意味でお互いを刺激し合っていると発言していました。実力主義の芸能界において、”同い年の良きライバル”の存在はきっと私達の想像を遥に超えて大きいことでしょう。

2.黒島結菜さんのカメラ

『アナザースカイ』出演時の黒島結菜さんは、日本大学芸術学部で学ぶ3年生(現在は中退)でした。通称”日芸”で知られるこの学部は、芸能や芸術、音楽等といった各業界に優れた人材を輩出していることで知られています。黒島結菜さんが所属していたのは写真学科というところで、写真を撮影する技術はもちろん、撮影した写真の画像処理方法を学んだり、被写体に関する幅広い表現技法を体得するようです。

黒島結菜さんがアナザースカイで中条あやみさんと共演した様子を解説し、黒島結菜さんのカメラと父からの手紙内容も調査する。
日本大学芸術学部の江古田キャンパス
黒島結菜さんはここの写真学科で学んでいた
出典:http://nuart-cinema.info/news/2016/04/1818/

日本大学芸術学部写真学科 公式サイト

『アナザースカイ』の中では、黒島結菜さんが台湾の夜市に赴き、カメラで写真を撮影する様子が描かれていました。その時に持っていたのが『PLAUBEL makina 67』というカメラであり、実際にスタジオにも持参していました。昔から大変多くの写真家に愛用されてきた名機らしく、現在でも多くの写真家がこのカメラを探し求めているそうです。ちなみにお値段は20~30万円もするほど高価であり、一般人が気軽に購入できるものではなさそうです。

黒島結菜さんがアナザースカイで中条あやみさんと共演した様子を解説し、黒島結菜さんのカメラと父からの手紙内容も調査する。
黒島結菜さんが持参したカメラ『PLAUBEL makina 67』
知る人ぞ知る有名なカメラである
出典:https://sunrise-camera.net/user_data/blog/detail?p=24907

正直な話をすると、私は写真に関しては「スマートフォンのカメラ機能があれば十分でしょう。」と思っていたのですが、最近周囲の知人がこぞって高級なカメラを購入するようになったのを見て、不思議に思っていました。歴史に名を残すほどのカメラで写真を撮影するのは、きっとスマートフォンでは出せない味のある写真が撮れるからであり、私の知人達もその魅力に引き込まれたということなのでしょう。黒島結菜さんの写真に対する並々ならぬ情熱を感じた瞬間でした。

3.黒島結菜さんの父からの手紙

学生として学業に励むことと、多忙な芸能活動を継続することを両立させようとするあまり、黒島結菜さんは芸能界を辞めて学業に専念しようと一時期考えていたようです。その時に両親から、「私達はいつでもあなたの見方だから。」と励まされ、気力を奮い立たせたことがあったそうです。

黒島結菜さんがアナザースカイで中条あやみさんと共演した様子を解説し、黒島結菜さんのカメラと父からの手紙内容も調査する。
父からの手紙を読む黒島結菜さん(左)
その様子を眺める中条あやみさん(右上)
手紙には愛情あふれる言葉が綴られていた
出典:https://twitter.com/Quadlancer/status/972258385276977152/photo/2

『アナザースカイ』の中でも、父から直筆の手紙が届くというサプライズがありました。「結菜がこの世にいてくれて嬉しい」「結菜に出会えて良かった」「結菜がいてくれるから人生が楽しい」等々・・・手紙に綴られた愛情あふれる言葉に、黒島結菜さんもMCの中条あやみさんも思わず涙ぐんでしまいました。

4.最後に

今回は、黒島結菜さんが『アナザースカイ』で中条あやみさんと共演した際の様子について解説するとともに、同番組内で登場した黒島結菜さんのカメラと父からの手紙の内容についても調査してきました。最後のまとめを以下に書いておこうと思います。

まとめ:
● 『アナザースカイ』出演時の黒島結菜さん
  → 中条あやみさんとはプライベートでも仲が良い。
  → “同い年の良きライバル”といったところ。
● 黒島結菜さんのカメラ
  → 『PLAUBEL makina 67』
  → 昔も今も高い人気を誇る名機(価格は20~30万円)
● 黒島結菜さんの父からの手紙
  → 「結菜がこの世にいてくれて嬉しい」「結菜に出会えて良かった」「結菜がいてくれるから人生が楽しい」等々・・・
  → 黒島結菜さんもMCの中条あやみさんも号泣。

黒島結菜さんはこれからも、芸能界の荒波を渡っていくことでしょう。仲良しでありライバルでもある中条あやみさんや、愛情をたくさん注いでくれる両親の支えもあり、今後も活躍することは間違いないと思います。是非令和を代表する大女優目指し、頑張ってほしいものです。