本田望結の祖父の会社が凄い!実家は京都伏見の豪邸で大金持ち?

女優とタレント、そしてフィギュアスケート選手としても活躍している本田望結さん。フィギュアスケート選手の本田真凛さんを姉に持つことでも有名ですが、野球のアメリカ大リーグで活躍中の大谷翔平選手と同じ”二刀流”として、その名は日本だけでなく世界中に知られるようになりました。

"二刀流"本田望結さんの祖父が経営する会社について解説するとともに、京都伏見にあるとされる実家についても調査していく。
本田望結さん
出典:https://spice.eplus.jp/articles/260736/images/788343

華々しくマルチな活躍を続ける本田望結さんの裏で、本田望結さんの祖父が経営する会社が、最近にわかに話題になっているようです。聞くところによると、なかなか有名な会社なのだそうです。超有名人の親族が経営する会社ということですが、どんな所か気になりますね。

また、本田望結さんの実家は京都伏見の風情ある場所にあるとされているのですが、会社経営者の祖父を持つだけあって、豪邸住まいのかなりの大金持ちなのだそうです。もし本当なら、一体どういった家に住んでいるのでしょうか?

今回は、”二刀流”本田望結さんの祖父が経営する会社について解説するとともに、京都伏見にあるとされる実家についても調査したいと思います。もしかしたら、超有名人である本田望結さんの意外な一面が見れるかもしれません。

 ・本田望結 (ほんだみゆ)
 ・身長 160cm
 ・生年月日 2004年6月1日
 ・血液型 O型
 ・出身 京都府
 ・職業 女優、タレント、フィギュアスケート選手
 ・活動期間 2009年~
 ・公式サイト 公式プロフィール

【関連記事】
戸田恵梨香の兄が2chで話題!現在は富士ゼロックス社員って本当?
吉高由里子蛇にピアスで菅田将暉と共演?北九州お忍び寿司屋も紹介!

スポンサーリンク

1.本田望結さんの祖父が経営する会社

1-1.丸一商事株式会社と関連会社3社

本田望結さんの祖父が経営する会社は、京都伏見にある丸一商事株式会社という所だそうです。昭和55年に梱包業から端を発した年商20億円を超える会社だそうで、今では梱包や輸送に関わる物流業務の請負、装置の製造にかかわる作業請負等が事業の中心とされています。いわゆるアウトソーシングを事業としている会社であり、所在地は下の地図の場所です。

丸一商事株式会社

本田望結さんの祖父は、同社の取締役会長を務める本田一三さんです。代表取締役は本田淑久さんで、本田望結さんの父・本田竜一さんの弟です。本田望結さんの叔父ですから、正に本田望結さんの親族が経営している同族経営の会社と言えます。父である本田竜一さんはこの会社の役員を務めていますが、実際には本田望結さんや本田真凛さんの送迎や世話等、子供達の教育に最も重点を置いているようです。

ちなみにこの丸一商事株式会社の関連会社としては、同住所にアルコム株式会社、カズテック株式会社、ゼロワンテック株式会社という計3社がありますので、会社全体の規模は一般的な同族経営会社としては比較的大きい部類に入ると思います。きっと創業者には、ライバルが少ない上に利益が確実に見込める分野を見抜き、開拓していく先見の明があったのでしょう。

『輸出梱包のエキスパート』 アルコム株式会社
『半導体製造装置で世界を支える』 カズテック株式会社
『精密機械のプロ集団』 ゼロワンテック株式会社

1-2.会社の経営に子供達を起用しない理由

この会社は一族経営ではあるものの、超有名人である本田望結さんや本田真凛さんを広告塔とするようなことはしていません。身内の有名人をCM等に起用すれば確かに宣伝効果としては高いと思いますが、あえてそうしない姿勢には私自身好感が持てます。きっと家族を大切にしている祖父・本田一三さんや父・本田竜一さんの人柄ゆえなのでしょう。家族と仕事をきっちり分ける経営方針のようです。

加えて、本田家の教育方針も関係しているようです。先ほど父・本田竜一さんの所でも少し触れましたが、本田家の子供達に対する教育熱心さはすさまじく、幼少期の頃からフィギュアスケートをはじめ、水泳やピアノ等様々な習い事をさせてきたそうです。しかも自宅では有名な文学作品の暗唱も行っていたそうで、本田望結さんは2才で杜甫の有名な詩『春望』を暗唱していたというから驚きです。

こうした面を見ても、会社の経営に子供達を起用するといったせこい真似は決してせず、子供達の成長に必要なことであれば英才教育として何でも取り入れるという、一貫した姿勢を取っていることが分かります。「会社は自分達で切り盛りし、子供達には最高の教育環境を提供させてあげたい。」という家族の愛情の表れなのでしょう。

2.本田望結さんの京都伏見の実家

京都伏見にあるとされる本田望結さんの実家ですが、残念ながら詳細な住所までは突き止められませんでした。個人情報保護が声高に叫ばれる昨今ですし、超有名人や会社経営者を擁する一族でもありますから、詳細な住所を明かさないのは当然でしょう。

そこで、大体どの辺りに住んでいるのか予想してみたところ、おそらく丹波橋駅や桃山御陵前駅周辺の高級住宅街エリアではないかと思われます。北には千本鳥居で有名な伏見稲荷大社もありますし、京都市中心部へのアクセスも良いですから、京都有数の高級住宅街であるこの一帯に住んでいる可能性は高いと思います。

なかでも下の地図に表示したエリア内である可能性が高いと思われます。桃山町永井久太郎という地域は、超富裕層クラスの人が特に数多く住んでいることで知られており、本田望結さんの実家が存在している可能性も十分あると思います。

もしくは、下の地図に表示した桃山毛利長門東町という地域が考えられます。エリア内には進学校として知られる京都府立桃山高校があり、教育レベルの高い家庭が多いと思われます。こちらも京都伏見の中でもトップクラスの超富裕層地域とされており、本田望結さんの実家が存在していてもおかしくありません。

本田望結さんの実家はかなりの豪邸と噂されていますが、おそらくかなり広い敷地であるとともに、トレーニング用のプールやジムも併設した、フィギュアスケート選手としての活躍をサポートできる設備が整った家だと思います。

前出の祖父の本田一三さんが以前、「孫達には毎年1人あたり1000万円以上の金をかけているんや!」と言っていたことからも、サポート体制が充実した豪邸であることは間違いないでしょう。私からしたら羨ましい限りです。

3.まとめ

今回は、”二刀流”本田望結さんの祖父が経営する会社について解説するとともに、京都伏見にあるとされる実家についても調査してきました。今回のまとめを以下にしておこうと思います。

まとめ:
・本田望結さんの祖父が経営する会社:
 → 京都伏見にある丸一商事株式会社
 → 関連会社が3社もあり、同族経営会社としては比較的大きい部類
・本田望結さんの京都伏見の実家
 → 詳細な場所は突き止められず
 → 丹波橋駅や桃山御陵前駅周辺の高級住宅街エリア?
 → 敷地も広く、トレーニング設備もそろった豪邸?

本田望結さんはこれからも、女優業とタレント業、そして現役のフィギュアスケート選手としても、ますます活躍されることでしょう。もし冬季オリンピックにも出場することになれば、まさに芸能人とオリンピック選手の究極の”二刀流”になります。そんな姿をぜひいつか、この目で見たいですね。