アリバイ崩し第2話のネタバレ!原作を基に予想してみた!

2月1日(土)から、テレビ朝日の土曜ナイトドラマ『アリバイ崩し承ります』(通称:『アリバイ崩し』)がスタートしました。

ドラマ『アリバイ崩し承ります』(通称:『アリバイ崩し』)第2話のネタバレについて、原作を基に予想する。
出典:https://joshi-spa.jp/979233/2

第2話は2月8日(土)に放送予定であり、公式サイトには既に次回予告の動画も上がっています。

『アリバイ崩し』 公式サイト

ところで、このドラマの放送前には原作となる単行本が出版されているのですが、ドラマの第2話と原作の第1話とが非常に似通っているのです。

今回は、ドラマ『アリバイ崩し』第2話のネタバレについて、原作を基に予想してみようと思います。

【関連記事】
アリバイ崩し第3話ネタバレ予想!河谷純子が夢遊病の理由は?
『女子無駄』実写はどこが面白い?ワセダはイケメン枠?

スポンサーリンク

1.ドラマ『アリバイ崩し』第2話の予告

ドラマ『アリバイ崩し承ります』(通称:『アリバイ崩し』)第2話のネタバレについて、原作を基に予想する。
出典:https://www.tv-asahi.co.jp/alibi/story/0002/

某医科大学で医学部教授を務める浜沢杏子(星野真里さん)が何者かによって殺害されました。

霞が関から左遷された那野県警捜査一課の管理官である察時美幸(安田顕さん)と、大物国会議員を父に持つ刑事の渡海雄馬(成田凌さん)が、真犯人を探るべく捜査を開始するところからドラマはスタートします。

杏子の弟であり、遺体の第一発見者でもある浜沢安嵐(金井勇太さん)は、「犯人はストーカー行為を繰り返していた姉の元夫・菊谷五郎(忍成修吾さん)に間違いない!!」と主張します。

しかし、杏子の死亡推定時刻から逆算すると、事件当時、菊谷には”友人らと飲食店にいた”という崩しようのない鉄壁のアリバイがありました。

ドラマ『アリバイ崩し承ります』(通称:『アリバイ崩し』)第2話のネタバレについて、原作を基に予想する。
出典:https://www.tv-asahi.co.jp/alibi/story/0002/

捜査が暗礁に乗り上げる中、バレンタインのマカロンを配りに来たヒロインの時計店店主・美谷時乃(浜辺美波さん)は、この難攻不落の事件を知り興味を抱きます。

何とか手掛かりを見つけたい察時らは、杏子の弟である安嵐が多額の借金を抱えており、杏子の生命保険の受取人となっていることを突き止めます。

捜査本部は「安嵐が多額の保険金目当てで殺害したのでは?」と、容疑者を菊谷から安嵐に切り替えるも、「菊谷の犯行に間違いない!」と確信している察時はどうしても納得がいきません。

苦悩する察時に、ついに美谷が協力の手を差し伸べていきます。

果たして2人はこの難事件を解決することができるのでしょうか?

2.原作『アリバイ崩し』第1話

ドラマ『アリバイ崩し承ります』(通称:『アリバイ崩し』)第2話のネタバレについて、原作を基に予想する。
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4408555487?tag=masaki1001-22&linkCode=ogi&th=1&psc=1

2-1.あらすじ

交番勤務から県警本部捜査一課に異動したばかりの新米刑事は、初めて臨む殺人事件の解決に頭を悩ませていました。

県立医科大学からほど近い住宅街の一角で、この大学の医学部教授を務める浜沢杏子が殺害され、その犯人がなかなか特定できないのです。

ドラマ『アリバイ崩し承ります』(通称:『アリバイ崩し』)第2話のネタバレについて、原作を基に予想する。
出典:http://edoneko.blog.jp/archives/39881786.html

事件現場の第一発見者である、浜沢杏子の妹・浜沢安奈は、「犯人は姉の元夫である菊谷五郎に間違いない!!」と言い張ります。

菊谷は筋金入りのギャンブラーであり、離婚した今でも元妻の杏子に対し、金の無心をして自宅や職場にまでストーカー行為を繰り返していました。

現に杏子の葬儀に現れた菊谷は、安奈や新米刑事を含む捜査班に対し、「俺にはアリバイがある!」と挑発的な態度を示していました。

ドラマ『アリバイ崩し承ります』(通称:『アリバイ崩し』)第2話のネタバレについて、原作を基に予想する。
出典:https://casino-luxury.com/news/866/

杏子の部下の証言では、菊谷は事件当日の午前9時頃にも杏子の大学の研究室に現れ、2人で別室に移動した後、杏子に対し暴言を吐いて出ていったと証言していました。

司法解剖の結果と杏子が更新していたツイッターの画像から、杏子は事件当日の正午頃に部下と手作りの弁当を、午後3時頃に行きつけの喫茶店でケーキを食べたと推定されました。

他に気になったことといえば、杏子が事件当日に早退していたことと、普段は甘いものに目がない杏子が、昼食時に部下のお土産の塩饅頭を断ったくらいでしたが、有力な手掛かりとは到底思えませんでした。

ドラマ『アリバイ崩し承ります』(通称:『アリバイ崩し』)第2話のネタバレについて、原作を基に予想する。
出典:http://www.ganso-harimaya.com/contents/siomi-manjyu/

死亡推定時刻の午後7時頃から逆算すると、事件当時、菊谷は”友人らと酒を飲んでいた”というアリバイがあり、真犯人が菊谷であると断定することは不可能でした。

菊谷と酒を飲んだ友人らは、菊谷が途中で8分席を外したと証言していましたが、地理的な関係上、たった8分で犯行に及ぶことはとても困難と思われました。

八方塞がりだった新米刑事は、ふと立ち寄った美谷時計店の店主・美谷時乃に対し、ダメ元でこのことを話してみました。

話を聞き終えると、美谷は悲しそうな顔で「時を戻すことができました。菊谷五郎さんのアリバイは、崩れました。」と言い、事件の推理結果を披露し始めたのです。

2-2.美谷の推理

この事件、犯人は菊谷でした。

正確に言うと杏子と菊谷は共犯でした。

ポイントは杏子が昼休みに塩饅頭を食べなかったことでした。

正午頃に食べたのは弁当ではなく、ケーキだったのです。

ドラマ『アリバイ崩し承ります』(通称:『アリバイ崩し』)第2話のネタバレについて、原作を基に予想する。
出典:https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/another/17-00025

塩饅頭を食べてしまうと、ケーキにアンコは使われませんから、司法解剖時に正午頃にケーキを食べたことが分かってしまいます。

午後3時頃にケーキを食べたように見せかけるため、塩饅頭を食べなかったのです。

杏子が正午頃に手作りの弁当を、午後3時頃にケーキを食べたという当初の予想は覆り、午前9時頃に弁当を、正午頃にケーキを食べていたのです。

事件当日の午前9時頃、杏子は金の無心をしに来た(ふりをした)菊谷と話す(ふりをする)ため、少しの間2人で別室に行きましたが、その時に弁当を食べたのです。

午後3時頃にケーキを食べたように見せかけるために喫茶店にも行きましたが、注文したケーキは食べず、鞄にしまったのです。

ドラマ『アリバイ崩し承ります』(通称:『アリバイ崩し』)第2話のネタバレについて、原作を基に予想する。
出典:https://www.keioplaza.co.jp/restaurant/menu/duet_arita

死亡推定時刻も当初は午後7時頃とされていましたが、実際は3時間早い午後4時頃に殺害されていたのです。

菊谷が暴言を吐いて出ていったり、葬儀の席で挑発的な態度をとったのも、全て菊谷が容疑者であるという警察の疑惑を集中させるための演技です。

菊谷の容疑が濃くなるほど、”死亡推定時刻(と思われていた)午後7時頃に友人らと酒を飲んでいた”という菊谷のアリバイが強化されるというカラクリだったのです。

2-3.杏子の行動を整理

午前9時頃:
金の無心をしに来た(ふりをした)菊谷と2人で別室に行き、そこで弁当を食べました。

正午頃:
弁当を食べるふりをして、弁当箱に入った行きつけの喫茶店以外で買ったケーキを食べました。

行きつけの喫茶店では店員に見つかってしまうため、別の店でケーキを購入しました。

胃に入れば、どこの店のケーキか分からなくなるため、問題ありません。

午後3時頃:
行きつけの喫茶店でケーキを食べるふりをして、紅茶だけ飲みました。

午後3時頃にケーキを食べたように装いました。

ツイッターの画像にあった弁当やケーキと紅茶のセットは、正午頃に弁当を、午後3時頃にケーキと紅茶を口にしたと思わせる偽装強化でした。

その後研究室に行きますが、“これから意図的に殺害される運命にある絶望感”で早退します。

午後4時頃:
帰宅した杏子のところに共犯者の菊谷も来て、意図的に殺害されました。

2-4.菊谷の行動を整理

午後6時頃:
杏子を殺害した後、友人らと酒を飲みました。

午後7時から8分間席を外したのもわざとで、その8分間に捜査班の目を集中させるためでした。

捜査班はこれに気を取られてしまい、死亡推定時刻そのものが間違っている可能性に気づかないという、杏子と菊谷の術中にまんまと引っかかってしまったのです。

菊谷が犯行現場からほど近い場所で酒を飲んだのも、「8分間という空白の時間に何か意味があるのでは?」と捜査班に強く思わせるためでした。

2-5.犯行の動機

重い病気で先の長くない杏子が多額の借金を抱えた安奈に対し、保険金を渡したい一心でわざと菊谷に殺されたのです。

「馬鹿なことを言うな!」と説得する菊谷に対し、杏子は「鉄壁のアリバイをあなたにあげるから、私を殺害して。」と伝え、菊谷は泣く泣く犯行に及んだのです。

菊谷も杏子も離婚していがみ合っていたのではなく、まだお互いに愛していたのですから、なんともつらい結末ですね。

3.原作を基にしたドラマのネタバレ(予想)

ドラマ『アリバイ崩し承ります』(通称:『アリバイ崩し』)第2話のネタバレについて、原作を基に予想する。
出典:https://www.tv-asahi.co.jp/alibi/story/0002/

原作を基に予想していくと、ドラマ『アリバイ崩し』第2話の犯人は察時が睨んだ通り、菊谷で間違いないでしょう。

予告では原作のような弁当やケーキを食べたという情報がありませんが、菊谷が杏子に対してストーカー行為を繰り返していたところや、弟の安嵐が多額の借金を抱えていたところは原作と一致します。

新米刑事と管理官の違い、弟と妹の違い等、細かな相違点はありますが、いずれも推理に関わる本質的な部分ではないと思われます。

さらにネタバレすると、原作の通り、食べたものの時間をずらして死亡推定時刻もずらしてしまうことになると思います。

ドラマ『アリバイ崩し承ります』(通称:『アリバイ崩し』)第2話のネタバレについて、原作を基に予想する。
出典:http://world-fusigi.net/archives/8432528.html

おそらく杏子が重い病気にかかっており、多額の借金を抱える弟の安嵐に保険金を渡したいがために、わざと殺害されたという原作通りの展開になると思います。

菊谷と杏子が共犯するというのも同じでしょう。

架空の話ではありますが、「身内を愛するがゆえに、自分を愛している者に自ら進んで殺害される。」というこのストーリー、皆が幸せになる方法は他にもあったと思うのですが、なかなか難しいですね。

4.おさらい

今回は、ドラマ『アリバイ崩し』第2話のネタバレについて、原作を基に予想してみました。

今回の結論は下記の通りです。

結論:
細かな違いはあるが、ほぼ原作通りに話が進むと思われる。

予告の段階から内容がかなり似通っていましたので、おそらく原作とほぼ同一の展開になると予想されます。

放送は2月8日(土)ですから、果たして本当に原作の通り進むのか、はたまた全く違うアプローチがなされるのか、注目していきたいですね。