新垣結衣ドラマの年齢と配役!ビール飲む最近の作品も紹介!

今や日本を代表する女優と言うに相応しい存在となった、新垣結衣さん。最近では雑誌『NYLON JAPAN』インスタグラムから、自身初のインスタライブを配信し、ファンからは歓喜の声が数多く沸き起こったそうです。メディアにおける活躍の場を広げ続けているとともに、その人気は止まるところを知りません。

新垣結衣さんのドラマにおいて年齢と配役を比較し、その適合度や雰囲気の変化を検証する。ビールを飲む最近のドラマについても紹介する。
新垣結衣さん
その人気は止まるところを知らない
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00071622-crankinn-ent.view-000

2001年から活動されている新垣結衣さんは、長年にわたって数々のドラマや映画、CMに出演してきたわけですが、おおむねその時々の年齢に相応しい配役をされてきたと言われています。また最近では、ドラマの中でお酒(ビール)を飲む姿も見受けられ、大人の魅力も感じさせるようになってきたとも言われています。

今回は、新垣結衣さんが出演した各ドラマにおいて、その時々の年齢と配役とを比較し、その適合度や新垣結衣さんの雰囲気の変化について独自に検証したいと思います。また、新垣結衣さんがビールを飲む姿を見せている最近のドラマを挙げ、その概要や登場するビールについても紹介したいと思います。

 ・新垣結衣 (あらがきゆい)
 ・身長 169.0cm
 ・生年月日 1988年6月11日
 ・血液型 A型
 ・出身 沖縄県
 ・職業 女優・歌手・ファッションモデル
 ・活動期間 2001年~
 ・公式サイト 公式プロフィール

【関連記事】
芦田愛菜はなぜ祝辞を述べたか?学校と成績が関係してる?
石原さとみのスペインの私服が凄い!こだわりメイクも注目!

スポンサーリンク

1.新垣結衣さんの出演したドラマ

1-1.『ドラゴン桜』

2005年に放送されたドラマです。弁護士の桜木建二(阿部寛さん)が、底辺偏差値の高校生を東京大学に現役合格させるべく奮闘するというストーリーです。長谷川京子さん、山下智久さん、長澤まさみさん、中尾明慶さん、小池徹平さん、サエコさんといった、そうそうたるメンバーが出演していたことでも知られています。

新垣結衣さんはこの時、香坂よしのという東京大学を目指す女子高校生の役で出演していました。その時の写真がこちらになります。

新垣結衣さんのドラマにおいて年齢と配役を比較し、その適合度や雰囲気の変化を検証する。ビールを飲む最近のドラマについても紹介する。
新垣結衣さん
『ドラゴン桜』では東京大学を目指す女子高校生・香坂よしの役を演じた
出典:https://timeslip.co/pic/1370/

新垣結衣さんはこの時17歳。ちょうど年齢が配役と合致していたことから、違和感はほとんど感じませんね。強いて言うならば、新垣結衣さんの見た目のイメージとは異なる、やや派手な格好の人物であるところでしょうか。

余談ですが、私も当時この番組はたまに観ていたのですが、下の写真にある番組名をもじった参考書が出版された時には、その名に釣られてすぐに購入し受験勉強に使っていました。

新垣結衣さんのドラマにおいて年齢と配役を比較し、その適合度や雰囲気の変化を検証する。ビールを飲む最近のドラマについても紹介する。
ドラゴン・イングリッシュ 基本英文100
非常に使える英語の参考書
出典:https://resemom.jp/article/2012/06/22/8315.html

英作文の参考書でしたが非常に使い勝手が良かった覚えがあり、やり込むことで苦手だった英語の成績が向上していきました。最近ではこれに関連する参考書の種類も増えてきたそうで、そういった意味でも、個人的に思い出深いドラマです。

1-2.『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』

2006年に放送されたドラマです。 「(暴力団の)『関東鋭牙会』を継ぐには高校を卒業しろ!」と、組長である父から命じられた主人公・榊真喜男(長瀬智也さん)が、高校に無理矢理裏口入学して以降、青春の楽しさを知っていく物語です。

新垣結衣さんは真面目で成績優秀な女子高校生・梅村ひかりを演じていました。その時の写真がこちらになります。

新垣結衣さんのドラマにおいて年齢と配役を比較し、その適合度や雰囲気の変化を検証する。ビールを飲む最近のドラマについても紹介する。
新垣結衣さん
『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』では真面目で成績優秀な女子高校生・梅村ひかり役を演じた
出典:https://www.flickr.com/photos/95717819@N00/375647999

新垣結衣さんが18歳の時ですから、前述の『ドラゴン桜』の時と同様に、年齢が配役と合致していました。それに加えて、新垣結衣さんの柔らかなイメージともマッチしており、正に適役だったと思います。

1-3.『コードブルー ドクターヘリ緊急指令』

2008年に1stシリーズが放送されたドラマです。コードブルー(Code Blue)とは、実在する医療業界の隠語です。病院内において患者の容体が急変した時、つまり緊急事態が発生した時に使う救急コールです。

ドクターヘリに搭乗するフライトドクター研修を受けるため、翔陽大学附属北部病院救命救急センターに集った藍沢耕作(山下智久さん)をはじめとする計5人のメンバーが、救命救急や災害医療における問題に直面し葛藤しながらも、少しずつ成長していく様子を描いた内容となっています。

新垣結衣さんはこのドラマのヒロインである、白石恵という救命救急を専門とする医師を演じていました。その時の写真がこちらになります。

新垣結衣さんのドラマにおいて年齢と配役を比較し、その適合度や雰囲気の変化を検証する。ビールを飲む最近のドラマについても紹介する。
新垣結衣さん
『コードブルー ドクターヘリ緊急指令』では救命救急専門の医師・白石恵役を演じた
出典:https://koku-byakunews.com/archives/6947

前述の2作品に比べ、かなり凛々しい顔つきになっていますね。この白石恵も、フライトドクター研修生の1人です。 温和で真面目、医療知識も豊富なのですが、自己主張が苦手な性格とのことで、ドラマ内では様々な葛藤を抱えながらフライトドクターとしての経験を積んでいきます。

1stシリーズでは、新垣結衣さんは20歳でした。通常、大学医学部を卒業してストレートで研修医になった場合は24、5歳前後ですので、そこから5年ほど研修医として過ごすことを考えると、白石恵という配役は、新垣結衣さんの当時の年齢とは若干不釣り合いな印象を受けます。

しかしながら、2ndシリーズから3rdシリーズへと進むにつれ、実はそうでもないことが最近分かってきました。2ndシリーズの時、新垣結衣さんは21歳でしたが、その時の写真がこちらになります。

新垣結衣さんのドラマにおいて年齢と配役を比較し、その適合度や雰囲気の変化を検証する。ビールを飲む最近のドラマについても紹介する。
新垣結衣さん
『コードブルー ドクターヘリ緊急指令』2ndシリーズ出演時
出典:https://koku-byakunews.com/archives/6947

そして3rdシリーズの時、新垣結衣さんは29歳を迎えましたが、その時の写真がこちら。こうして見比べてみると、キリッとした凛々しい顔つきはさほど変わっているようには見えませんね。

新垣結衣さんのドラマにおいて年齢と配役を比較し、その適合度や雰囲気の変化を検証する。ビールを飲む最近のドラマについても紹介する。
新垣結衣さん
『コードブルー ドクターヘリ緊急指令』3rdシリーズ出演時
出典:https://koku-byakunews.com/archives/6947

つまり、1stシリーズの頃から、白石恵という『現役バリバリの医師』の雰囲気を出せる演技力を兼ね備えていたということです。自分の年齢と釣り合わない配役であっても、実際にはすんなりと演じてしまうという、新垣結衣さんの演技力のなせる技といったところでしょうか。

1-4.『リーガル・ハイ』

2012年に放送されたドラマです。堺雅人さん主演のこのドラマにおいても、新垣結衣さんは新米弁護士のヒロイン・黛(まゆずみ)真知子を演じていました。1度も訴訟で負けたことがない、堺雅人さん演じる敏腕弁護士・古美門研介とのぶつかり合いは必見です。その時の写真がこちらになります。

新垣結衣さんのドラマにおいて年齢と配役を比較し、その適合度や雰囲気の変化を検証する。ビールを飲む最近のドラマについても紹介する。
『リーガル・ハイ』出演時の新垣結衣さん(左)
右は主演の堺雅人さん
出典:https://ciatr.jp/topics/308169

新垣結衣さん演じる黛真知子は、早稲田大学法学部出身のエリート弁護士で年齢は25歳。新垣結衣さん自身はこの年、24歳でした。年齢と配役とが久々にほぼ一致し、大人になった新垣結衣さんを観ることができます。

しかしこの黛真知子というのは、なかなかに癖のある人物でした。真面目で頭脳明晰ではあるものの酒癖は悪く極度の音痴。水と油の関係にある主人公の古美門研介に幾度となく罵詈雑言を浴びせられても、全くめげない鉄の精神の持ち主。その上、堅物で融通が利かないという、素人目で見ても特徴が多すぎて1人で演じ切るのはかなり大変だったと思います。

仮に私が新垣結衣さんのような立場にあって、この黛真知子を演じろと言われたとしても、さすがにお断りするでしょうね。新垣結衣さん本人だからこそ、務まったのだと思います。

1-5.『逃げるは恥だが役に立つ』

2016年に放送されたドラマです。『逃げ恥』という呼び方の方が有名かもしれません。新垣結衣さんは主人公かつヒロインの森山みくりを演じていました。その時の写真がこちらになります。

新垣結衣さんのドラマにおいて年齢と配役を比較し、その適合度や雰囲気の変化を検証する。ビールを飲む最近のドラマについても紹介する。
『逃げるは恥だが役に立つ』出演時の新垣結衣さん(右)
左は共演した星野源さん
出典:https://realsound.jp/movie/2016/12/post-3488.html

真面目で人当りは良いが、突拍子もないことを突然言い出し、厳しい現実から逃れようと妄想するところがある25歳という設定。就職活動の失敗から文系大学院に進み、臨床心理士の資格を取るも、またもや就職活動に失敗し現在は休職中という、優秀なのだけれどいまいち上手く立ち回れないという、少々残念な印象を受ける人物です。

新垣結衣さんの年齢は28歳。もう1人の主人公は、 星野源さん演じる35歳で京都大学出身のシステムエンジニア、津崎平匡(ひらまさ)。ドラマの中で、2人は契約結婚という異例の展開をたどっていくわけですが、新垣結衣さんも森山みくりも結婚適齢期ということで、年齢と配役に若干の相違はあれど、ほぼ適役だったと言っていいと思います。

こうして時系列で見ていくと、新垣結衣さんは年齢を重ねるにつれて、ドラマの中では配役として『比較的真面目で優等生である一方、優等生なりの欠点を抱え苦悩する人物』を演じることが最近多くなってきているように感じますね。

2.新垣結衣さんがビールを飲むドラマ

新垣結衣さんがビールを飲むドラマとして有名なのが、2018年に放送された『獣になれない私たち』です。『けもなれ』の略称で呼ばれることが多いと思います。

主演は、新垣結衣さん演じる深海晶と、松田龍平さん演じる根元恒星。人生上手くいっているようで実はそうでもない2人が、仕事終わりのクラフトビールバーで出会い、赤の他人同士、本音で語り合い自分らしく踏み出していく、そんなドラマとなっています。

新垣結衣さんの年齢も30歳を迎え、配役の深海晶も苦悩に満ちた現代社会を生き抜く女性という設定であることから、下の写真からは10年以上前のドラゴン桜の頃とは明らかに異なる、落ち着きのある雰囲気が感じれらますね。

新垣結衣さんのドラマにおいて年齢と配役を比較し、その適合度や雰囲気の変化を検証する。ビールを飲む最近のドラマについても紹介する。
『獣になれない私たち』に出演する新垣結衣さん(左)
右は共演した松田龍平さん
出典:https://www.ntv.co.jp/kemonare/story/1.html

比較的最近に放送されたドラマですが、ここでは実在するビールをもじった架空のビールがいくつも登場します。例えば、第7話に出てくる『金曜日のネコ』というビール。これはベルギー生まれの『ベルジャン・ホワイトエール』という種類の、『水曜日のネコ』というビールが元となっています。普通のビールよりもフルーティで飲みやすく、私も好きな一品です。

163196

新垣結衣さんのドラマにおいて年齢と配役を比較し、その適合度や雰囲気の変化を検証する。ビールを飲む最近のドラマについても紹介する。
水曜日のネコ
『ベルジャン・ホワイトエール』という飲みやすいビール
出典:https://item.rakuten.co.jp/yonayona/10001065/

『水曜日のネコ』 公式ホームページ

3.検証結果の整理

今回は、新垣結衣さんが出演した各ドラマにおいて、その時々の年齢と配役とを比較し、その適合度や新垣結衣さんの雰囲気の変化について独自に検証してきました。また、新垣結衣さんがビールを飲む姿を見せている最近のドラマを挙げ、 その概要や登場するビールについても紹介してきました。 今回の検証により、以下の結論が導かれました。

結論:
新垣結衣さんはドラマの中で・・・
・おおむね年齢に近い配役であることが確認できた。
・年齢が若干離れた配役でも、難なく演じていた。
・年齢を重ねるにつれ、優秀だが苦悩を抱える配役が増えてきた。
・ビールを飲むドラマでは、実在のビールをもじったものを飲んでいた。

新垣結衣さんは、今後も様々なドラマや映画、CMで活躍されると思います。これからもその女優としての演技力、美しさにさらなる磨きをかけ、それを私たちに見せ続けてほしいものですね。